aloalo style @BLOG
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロス&サンディエゴ旅行記(day8)
2008年09月28日 (日) 00:00 | 編集
5時前に起床。
名残惜しい気持ちのまま、チェックアウトを済ませ、
最初に向かった先はRANDY'S DONUTS
こんな朝早いのにドライブスルーには、次々とクルマが入ってきます。
プレーンな味とチョコレート味などを買いました。
受け取った時はアツアツでした(ハワイのマラサダを思い出す~♪)。

レンタカーの返却へと急いだのですが、まっすぐ向かえばすぐの場所だったのに、
道を一本間違えてなかなか返却場所が見つかりません。
搭乗時間を気にしながら少し焦りましたが、
何とかたどり着きレンタカー返却も無事に済ませ、シャトルバスへ滑り込みました。

LAXに到着し、搭乗手続きを済ませ搭乗時間1時間前を切っていて、私たちが
最後の搭乗客となったのでした。
こういう時ってかなり焦りますf(^ー^;
ちょっと落ち着いたところで、さっきのドーナツ。
正直、ハワイのマラサダほどの感動はなく「こんなもんかなぁ」って感じ。

080927_1.jpg


シアトル近くなってくると、機内からはマウントレーニヤが。

080927_2.jpg


シアトルに無事到着したものの、シアトルタコマ空港は大きな空港で、
メインロビーを中心に二つの地下鉄がループで走っているので、乗り換えの時には結構な時間を要します。
このことを計算していなかったので、またここで焦ることに。
また、スーツケースをここで受け取るか、成田まで運んでくれるのか、
LAXで聞いていなかったので、これも焦る要因でした。
地下鉄を降りて、搭乗ゲートに到着したときは、結果時間的にも余裕があったのですが、冷や冷やものでした^_^;

機内は満席というほどではなく、お隣の座席も空いていたので気が楽です。
10時間ちょっとのフライトもそんな揺れもなく、行きと同様映画や音楽、ゲームで
退屈することもありませんでした。
2度の機内食以上に、うれしかったのが↓のアイスクリーム。
目覚めのジャストタイミングのサービスだったので、余計おいしかったのです。

080927_3.jpg


定刻通り無事に成田に着陸し、こんな瞬間もなぜかホッとします。
長かったようであっという間だった今年のロス&サンディエゴ。
一番欲しかった靴は買えなかったけれど、写真もたくさん撮れたし、
思い出はずっと脳裏に残っているかと思います。

そして、また来年の旅行を楽しみに・・・♪


スポンサーサイト
ロス&サンディエゴ旅行記(day7_2)
2008年09月27日 (土) 00:00 | 編集
今回アメリカのインテリアショップ巡りも是非してみたいと思っていました。
将来の新しい家の為の何か参考になればいいし、もしいいのあれば買っちゃうぐらいの勢いでした。

行ってみたのは、H.D.BUTTERCUPとその並びのショップです。
ここは、Venice Blvd.沿いのNational Blvd.からHelms Ave.までの一角に集中していて、様々なスタイルのお店が10軒近く並んでいるでしょうか。

駐車場からいちばん近いH.D.BUTTERCUPから入ってみることに。
広い倉庫のような空間の中にはソファ、ベッド、ダイニングテーブル、電飾等々、ぎっしり置かれています。
また、入ってすぐの場所には、ちょっとした雑貨(ハンドソープ、フレグランス等)があったので、ここでしか買えないお土産には最適です。

080926_16.jpg


この辺りは、その昔HELMSというパン工場で、現在はその跡地を利用して↓のように道路沿いにずら~っと10件ぐらいのインテリアショップが並んでいます。

080926_29.jpg


店内の写真をちょこっとだけ↓(^_^;
インテリアショップといっても、そのほとんどは家具が中心で、アメリカンカントリー、モダンテイストなどソファもベッドもアメリカンサイズでとても大きい。
意外にも、アジアン系の家具も数多くありました。
あと、ジャンクものもあったので、お得なお買い物ができるかも知れません。

080926_30.jpg


暑くて歩き疲れたので、アイスクリームでも、、と思い向かった先は、Ice Panのウェストハリウッド店。
ここが画期的なのは、冷凍鉄板スタイルのアイスクリームで、オーダーしてからアイスの素となる液体を鉄板の上に流し込み、みるみるうちに固めていくところ。
最初にフレーバー(チョコレート、バニラ、ストロベリー、バナナ、コーヒー、マンゴ、ヨーグルト、抹茶)を選び、
次に、ミルクの種類(低脂肪とか豆乳か)を選んで、
最後にトッピングの有無を決めます。
サイズは、レギュラーとラージの2種類。

わたしは一番シンプルな、バニラ+低脂肪+ストロベリー+レギュラーを選び、その作り方を一部始終見てました。

液体で冷凍鉄板に流し込まれたバニラフレーバーは、みるみるうちに凍っていき、へらでこねて混ぜるを繰り返し、

080926_17.jpg


080926_18.jpg


はい、できあがり。
所要時間2分ぐらい。
でもこんな新鮮なアイスクリームって今まで食べたことないです。
冷凍鉄板で作ったので、溶けにくかったのもマル。
おいしくて画期的なアイスが食べられたことに満足\(^O^)/
でも、ふと疑問に思ったことは、ひとつ作るのに時間がかかるから、行列したらすごい待ち時間になっちゃう?!

080926_19.jpg


食べ終わった頃、「カーミット(カエル)の銅像を見に行こう」と言うので、行ってみました。ここから、歩いて10分ほど。
夫はカーミット好きで、ハワイに行ったときも、いろんなグッズを買い集めていたのです。

わたしは、カーミットの博物館かと思っていたのですが、そうではなく、かつてチャップリンのレコーディングスタジオがある場所とのことでした。
カーミットがチャップリンを真似た帽子を持っているところ、何かお茶目な銅像でした。

080926_20.jpg


大型量販店Targetへ。
店内は日用品がズラリ!会社のお土産がちょっと足りないなぁと思っていたので、
ここでハロウィン仕様のキットカットを買い足しました。
アメリカ人の生活が垣間見られる楽しいショップでワクワク。
WAL★MARTと比較すればこちらの方が規模は小さいかな。

080926_21.jpg


ここはハリウッド、遠くを見ると、ハリウッドサインが。。。

080926_22.jpg


今回せっかくロスに行くのなら、、、と、セレクトショップで洋服を買いたいな~って思っていました。
そしてそこに行く途中、チャイニーズシアター経由としました。
初めてロスに訪れたのはツアーで、その時市内観光で立ち寄ったことを思い出し・・・。
マリリンモンローの足型に自分の足を合わせていたっけ?!(あとは記憶が定かではありません)

そしていよいよ、Robertson Blvd.(ロバートソン・ブルバード)へ。
ここは今一番LAセレブの出没率が非常に高いセレクトショップ密集地帯です。
数々の雑誌で紹介され、特に行きたかったお店は、Kitsonlisa klineの二つ。
案の定、この辺りのパーキングは若干高め。

真っ先に飛び込んだのはKitsonから。
今いちばんロスでもHOTで最先端なショップなので、このショップがいちばん混み合っていました。
カジュアルな洋服を中心に、靴、バッグ、コスメ、雑貨などがいっぱいです。
ただ、決して安くてお得なお買い物はここでは期待できません(バーゲンもやらないみたいです)。
例えばTシャツも最低でも$80~、靴は平均$300ぐらいです。
Tシャツに$80なんて!!まあ、普段Tシャツを着ることはあまりないので諦めもつくのでよかったのですが。
いちばん欲しかったのがデニムでした。Kitsonのロゴがさりげなくはいっていて、いいなあ~と思ったけれど、サイズがどれも大きい(泣)お直しまでして着用するのはデザインも変わるであろうし潔く諦めました(>_<)ゞ。
わたしみたいに、「今日1日だけ」でお買い物しようとしている人はいい出会いもないかも知れないけれど、こういうお店は日々変化ですから、マメにチェックできる人はいいな~って思ったのでした。
しかし、店内にいるお客さん、かわいい人たちばかりでしたよ(中にはモデル級の人も!)。

080926_23.jpg


並びのlisa klineに行ってみました。
ここはKitsonに比べて、落ち着いた洋服が多く、色合いもモノトーンな感じが多かったです。
そして有名デザイナーの洋服を扱っているらしく、お値段もやはり高め。
「これ買っちゃえ~」というノリでは買えるようなものはほとんどありませんでした。

080926_24.jpg


わたしの洋服ばかりお付き合いさせているのも、悪いから真向かいにある、lisa klineのメンズ館(っていうの?)にも行ってみることに。
ここも同じく、モノトーンな感じ。
似合いそうな洋服いろいろ探してあげたのに、普段会社に行くときのスーツ以外は、こんなオシャレ系の洋服とは無縁の夫、何も買わずに退散。

080926_25.jpg


その他、並びにあるMadisonにも行きました。ここは流行に敏感な若い女性だけでなく、お洒落なマダムたちがショッピングしていました。

Kitson kidsもちらっと覗いてみました。アメリカらしいポップな色や素材も柔らかなものが多くて店内にぎっしり。かわいかったですよ。

いろいろ見て回ったけれど、収穫ゼロでちょっと残念(/_;)

アメリカ最後の晩餐に選んだ先はOsteria Latiniのイタリアンです。
最後の夜にふさわしくちょっとリッチに・・・♪
以前、アメリカでパスタ食べたとき、のびきったパスタで、とても美味しいとはほど遠い散々な思い出もあったので、ここは慎重に選んだお店でした。

おしゃれなイタリアンとだけあって、駐車場ももちろんバレーパーキング。
到着したのは、20時過ぎで、既に満席。
10分ぐらい待って着席できました。それからもお客さんがどんどん入ってきます。
どうやら人気店のようです。
店内は、そんなに広くはないのですが、何だかあたたかみがあるレストラン。
シェフ自ら席に来てくれ声をかけてくれたのもうれしいです。

メニューを見てもびっくりするようなお値段でないところもうれしい。
サラダ、リゾット、パスタ、をそれぞれオーダーし、すべてシェア。
量も丁度よくて、すべておいしかったけど、特にリゾットの味が忘れられません。
★店内が暗かったので、お料理の写真はうまく撮れませんでした。

080926_26.jpg


ここからホテルまで約1時間。
フリーウェイは相変わらずビュンビュン飛ばしていて怖かった。
隣に乗っている私は緊張しっぱなし。

やっとこさホテルに到着し、明日の帰国の準備。
明日は朝早いです。
あっという間の1週間でした。


day8へ >>>

ロス&サンディエゴ旅行記(day7_1)
2008年09月26日 (金) 00:00 | 編集
Days Innには軽い朝食も付いているのはうれしい。
フロントの脇でサービスされているので、部屋で簡単な朝食(昨晩のバゲットサンドの残りも)としました。

080926_1.jpg


ロス最後の1日は、午前中はダウンタウンを中心に建築ギャラリー散策、午後からはロバートソン・ブルーバード(ビバリーヒルズ東)で最後のお買い物の予定。

ダウンタウンは駐車料金が高い。少し離れた所ではあるけれど、終日$5(ダウンタウン中心はなんと1時間$16)の所に停め歩いて回ることにした。
それにしても今日は一段と日差しが強い。ゴルフのサングラス持ってくればよかったかなぁ.....(ノ_・。)

目的地はブラッドベリー・ビルディングウォルト・ディズニー・コンサート・ホール周辺です。

080926_2.jpg


途中、偶然にもロサンゼルス中央図書館を見つけ、建物が素敵だったのと興味本位で少し立ち寄ることに。

080926_3.jpg


階段だって凝ったデザインです。何て書いてあるのでしょう?
音符なら読めますが(・・;)

080926_4.jpg


館内は吹き抜けになっていて、そのデザインも凝っていました。
ライブラリショップもあり、ステーショナリーや、ここならではのオリジナルの凝った物も販売されていたり。

日本の図書館も検索用のパソコンがあるけど、ここロスもそれは同じでした。
何となく知っている検索ワードなんか入れちゃったりしてしばらく遊んじゃいました。
インターナショナルコーナーには、日本の本も置かれていたのにはびっくり!

080926_5.jpg


図書館を後に、あまりの高層ビルにいちいち驚き、写真を撮っての繰り返し。
これじゃ、なかなか目的地にも到着しませんo( ̄ー ̄;)ゞ

080926_6.jpg


そして、のんびり歩いて30分でウォルト・ディズニー・コンサート・ホールへ到着。
ここは、有名建築家(フランク・オーウェン・ゲーリー)が建築コンペで優勝し、竣工までに16年も年月を経て完成したホールとのことだった。
何枚かのステンレスが重なった外観は、シドニーのオペラハウスを彷彿させる気もして(私だけかな?)。
そして、近くで見ると、そのステンレスが反射して眩しくて余計暑さを感じました。

実は旅行前HPで、コンサートホールで開催される何か(できればクラシック)がないかなあとチェックしたけれど、興味をそそられるものがなかったのでした。残念(゚-゚;)

080926_7.jpg


道路には何台かのスクールバスが停車。
小学生たちが学校行事で見学に来たのかな。

080926_8.jpg


ブラッドベリー・ビルディングに到着(ふう~つかれたぁ)
外観はレンガ造りの、アメリカにしては小さいこぢんまりした普通のオフィスビルなのに、、、、。

080926_9.jpg


中にはいると細かいところから光が入り、アールヌーボー調の鉄の装飾とその木のコントラストが美しくてしばらくボ~ッとしてました。
また、内部の建築物はハリウッド映画『Blade Runner』の撮影にも使われきたという。
わたしは、まだその映画は観たことないから、帰ってから一度観てみなくちゃ。

080926_10.jpg


そして、ビル内にはなぜかチャップリンの銅像が、、、。
その詳細はなぜかわかりません.....(゚ペ)?

080926_11.jpg


ブラッドベリー・ビルディングを後にし、Broadwayストリートの怪しげな繁華街を通りながら駐車場へ戻りました。

ランチはLos Angeles Timesでロスのベストカフェに選ばれたことがあるというLEMON MOONという、オフィス内のカフェへ。
わざわざウエストロサンゼルスのはずれまで約1時間もかけてやってきました。

何とかランチ時間のオーダーストップギリギリ間に合いました。
ここのカフェもアメリカのオーガニックデリといった雰囲気で、ちょうど昨晩行ったJOAN'S ON THIRDとメニューも似た感じです。
どちらもすごく気に入ってしまったので、甲乙付けがたいですが。
わたしたちは、↓の写真で見える通り沿いのパティオ席で頂きました。
店内もカフェスペースがあるけれど、パティオ席(通り沿いと裏側)はほぼ満席。
気持ちよかったですよ~。

080926_15.jpg


ズラリと並ぶショーケースの中から選ぶのもJOAN'S ON THIRDと同じ方式でした。
和洋中何でもアリです。
ただそのほとんどが、オーガニック系なのでパンチが効いたものはあまりないかも。
2品+スープをオーダーし、シェアすることに。

080926_14.jpg


じゃ~ん!!1人分がこの量です。パンチがないといっても、1人じゃとても食べきれません。よかったシェアにしといて。
でも、おいしかったのです。特に大好きなえびが大きくてプリプリしてて~♪

080926_12.jpg


今回、ロスでもサンディエゴでも何度もスープ飲んだけど、どこも失敗はなかったです。
アメリカってスープがおいしい国だったのですね~。
それにどこのレストランも、付け合わせのパンもおいしくて♪
もちろんオーガニック系なので、素材にもこだわりがあるのだと思うけれど。

080926_13.jpg



day7_2へ >>>

ロス&サンディエゴ旅行記(day6)
2008年09月25日 (木) 00:00 | 編集
チェックアウトの12時までのんびり過ごそうと決めていたので、朝食はホテル内でちょっとリッチに・・・。
外に出てカジュアルな朝食も大好きなのですが、やっぱり今日はホテルライフを満喫したい♪
いつもバタバタしている朝も、たまにはの~んびりゆったりした朝食もいいものです。
こういう時間も大切ですよね(*'ー'*)

080925_1.jpg


目の前で調理してくれるオムレツや目玉焼きは、高級ホテルの定番です。
それから、大好きなカリカリベーコンも(ホント好きだよなぁ~)ヾ(〃^∇^)ノ

080925_3.jpg


080925_4.jpg


フルーツもたくさん。どちらかといえばフルーツ好きは夫の方。
これだけ全部夫が食べました。

080925_2.jpg


目の前に広がるビーチ。波打ち際まで歩いて行きました。
ホテルの全景を写真に撮りたかったから。

滞在中、ひとつ悔やまれたことは、スパができなかったこと。
アロマな香りの中でヒーリング音楽をBGMに....。
そんな贅沢なひとときを是非体験したかったけれど、もしそうしていたら、ラ・ホヤに行くことあきらめなくてはいけなかったし、、、(/ヘ ̄、)
スパVSラ・ホヤで、結局わたしはラ・ホヤの方を選んだのでした。
あと2、3日滞在したかったなあ~。
その代わり、部屋のバスルームに置かれていたアメニティがオリジナル品だったので(ボトルがオシャレだった)、スパで購入したのでした。

080925_5.jpg


080925_6.jpg


チェックアウト後、まだ名残惜しかったので、ホテル周辺をぶらぶら散策しました。
コロナドホテル前のプチホテルEL CORDOVA HOTELは、スペインの建物を意識した造りで素敵でした。
次回はこのホテルでもいいなぁ~。コロナドホテルのビーチやレストランにも進入できそうだし(笑)

さて、あまりのんびりしていられない。これからロスへ向かわねばならないのです。
来たときと同様、コロナドとダウンタウンを結ぶ3.5キロのベイブリッジを渡り(風も爽やかで最高~♪)、ちょこっとだけ航空母艦博物館(U.S.S.ミッドウェイ)に立ち寄ることにしました。
ここは、トムクルーズの『トップガン』のロケにも使われた場所。
わたしは戦艦映画などほとんど興味ないので、これも夫のお付き合いなのです。
でも、艦上に戦闘機が何機も置かれていたり、CGを使わずにリアルに撮影シーンを作ったとか。これにはこんなわたしでさえも、興味をそそられちゃいましたw( ̄o ̄)w オオー!
本来なら、博物館の中に是非訪れたかったのですが、これも時間がなくて泣く泣く断念(あ~かわいそうな夫)。

080925_8.jpg


逆にわたしが興味を引く物ってこんな銅像だったりします。
海兵員とナースの熱き抱擁~?(な~んて)
実はこの銅像かなり大きかったのです。

080925_7.jpg


ロングドライブに備え、ルート66という名前のガソリンスタンドに立ち寄りました。
お~っ、なんかカッコイイ!アメリカ大陸横断国道66号線は全線で4000キロ。
古く良き時代のアメリカっていう感じがします。

ガソリンスタンド内には、24時間営業の小さなコンビニもあり、ジュース等を購入し車内ではケトルチップスをバリバリと(⌒-⌒)

帰路はロングビーチ経由としました。
全く同じ道を帰るとも、、、と思い帰りは少し趣向を変えてみました。
フリーウェイ5号線から405号線を走り、オレンジカウンティのはずれから一般道に入り、途中でスタバなどを立ち寄りながらロングビーチの街へ。
ダウンタウンを通り抜けると、リゾート地特有の雰囲気が漂い、ついついクルマを停めてのんびりしたくなる雰囲気でしたが、そのままロングビーチハーバーとロサンゼルスハーバーを通り抜け(ここは相当巨大な貨物輸送港町でした)、110号線から再び405号線へ。
長い道のりでようやくロサンゼルス国際空港付近へ。

080925_9.jpg


最後の宿泊先に選んだのは、Days Innといういわゆるモーテルでフリーウェイのインターチェンジの近くにあるので便利。
そして何よりもロサンゼルス国際空港に近く、レンタカー返却場所にも近いのでここを選びました。
結局ホテルに到着したのは夕方近くとなってしまいました。

080925_12.jpg


部屋はこんな感じでいたってフツーだけど、一通りのものは揃っているし、駐車場からフロントを通ることなく直接部屋に行くことができるのは、サンディエゴで最初に泊まったホテル同様、ラクチンでした。

そして、コインランドリーを探してすぐ洗濯(好きだなぁ)。

080925_11.jpg


ホテル近くにはアメリカーンなオブジェが。
アメリカでは有名なRANDY'S DONUTSとのことでした。
ここインターを降りてすぐにあり、24時間営業というのもうれしいです。

080925_10.jpg


旅行も終盤になってくると、豪華な食事よりもゆっくり部屋で食べたい気がしてきます。
そこで、今日はちょっと質素(?)にJOAN'S ON THIRDへ行くことにしました。
とはいっても、ここからおよそ1時間。
クルマの渋滞もあったりして、閉店時間15分前ギリギリセーフ。
わざわざ夕食の買い出しに、1時間もかけて、、、と思っちゃうけど、期待を裏切らないほどお総菜と食材が豊富で雰囲気もオシャレなお店でした。
手作りケーキやクッキー、ドレッシング、ジャム、あとちょっとしたキッチン雑貨やオリジナルバッグなどetc...もちろん、ショーケースに並ぶお総菜は30~40種類。
そして、その場で作ってくれるサンドイッチやサラダもうれしい♪
どれもこれも目移りしていると、お店の人が試食されてくれるのもうれしいサービスでした。
店内で食べることもできるし、ランチだったらパティオ席も気持ちよさそう~。

一眼レフカメラを持ち歩いていたわたしに、「店内は絶対に撮影禁止!」だそうです。撮ってないよ~(ノω・、) ウゥ・・・

080925_13.jpg


帰る途中、Whole Foods Marketを発見したので、寄らずに帰ることなんてとてもできそうにない(*'-'*)エヘヘ
寄っちゃったら最後、デリコーナーには夕食時とあって次々できてくるお総菜の数々...。
そこに集まってくる人達。
さっき買ったばかりだけど、ここでもちょこっとだけヾ(--;)ぉぃぉぃ
いやはや、このデリコーナーも大のお気に入りに♪

080925_14.jpg


to goした食材はちょっと冷めてしまったけれど、このホテルレンジもちゃんと装備されていたのでしたヾ(〃^∇^)ノ
買ったのは、グリーンアスパラ焼き、シーザーサラダ、バゲットサンド、そしてマヒマヒソテーとフライドチキン。
家感覚でテレビ見ながら(たまたまSATCがやっていた!)の食事も乙な物。
ここに住んでいるかさえの錯覚もあります(周りは洗濯物干してあるしうれしい生活感が!)。
あっ、どれもおいしかったですけど、バゲットサンドはブリーチーズとハムが何層にも挟まっていて超うまうまでした。
そして、今夜はゆっくりビール飲めてよかったね>夫(*^^*)

さあ、明日は丸一日遊べる最後の日です。
一足先に休んだ夫、わたしはそれから2時間ネットサーフィン(笑)
だってネット接続無料なんだも~ん。


day7_1へ >>>
ロス&サンディエゴ旅行記(day5_2)
2008年09月24日 (水) 01:00 | 編集
ダウンタウンからサンディエゴ湾の向こうに島のように見えるのがコロナドです。
ダウンタウンとコロナドを結ぶベイブリッジは約3.5キロでアクセスでき、遠く向こうに見えるダウンタウンは壮観です。
↓はびゅんびゅんスピード出てるベイブリッジを走っている車窓から撮りましたが、結構怖かったんです(-.-;)y-゜゜

080924_7.jpg


ベイブリッジを渡れば、そこはコロナドタウン。
リゾート感たっぷりな場所です。
そして、ずっと奥に進んでいくと老舗リゾートホテルのホテル・デル・コロナドに到着します。

今回の宿泊4つのうち、最初に決めたのがここでした。
リゾート感たっぷりのコロナドのランドマーク的ホテルに是非泊まりたいと。
意外にもそれを先に言いだしたのは夫の方から。
わたしがイヤと言うわけありませんよね(*^^)v
ただ、この時期とても人気があったため、たった1泊しか予約が取れず(×_×)
ご存じの方もいるかと思いますが、マリリンモンローの『お暑いのがお好き』の舞台となったホテルです。
また、世界のロイヤルファミリー、アメリカの歴代大統領も宿泊したことでも知られています。

080924_8.jpg


赤いとんがり屋根がホテルのトレードマークで、ここは本館にあたります。

080924_12.jpg


↓は重厚な造りのロビーです。
築120年経過し、本館はクラシック調な雰囲気。

080924_10.jpg


わたしたちの宿泊したのはNew Ocean Towers Gestroomで別館となっていて、本館のクラシカルな雰囲気とは対照的にリゾートを満喫できる室内。

080924_9.jpg


広大な敷地のホテル内をちょっと散策することに。
本館から別館、コテージ、レストラン等々が道でつながっており、自転車(レンタサイクルもあります)で移動する人たちを多く見かけました。

080924_11.jpg


ホテル前に広がるプライベートビーチ。
ハワイみたいですが、ここはサンディエゴ♪

080924_14.jpg


コテージのプライベートブール。
誰もいなかったので盗み撮りしちゃいました(^_^;)
ここに宿泊される方は、セレブな人に間違いない。

メインプールでしばらくゆったり過ごすことに。
せっかくゲストとして来ているのだから、ただただのんびり。
それが何よりの贅沢の気もします。

080924_15.jpg


あと2日サンディエゴに余分に滞在できたなら、あそこもここも行きたい場所がたくさんあるけれど、たった3日間では限られます。
その中でも絶対にはずせなかったエリアのひとつが、La Jolla(ラ・ホヤ)でした。
スペイン統治時代の優雅な街並みと、美しい海岸線の魅力ある高級リゾート地です。

コロナドからはフリーウェイを使って約1時間の道のりでLa Jolla(ラ・ホヤ)にやって来ました。
La Jollaとはスペイン語で『宝石』を意味するそうです。

↓の辺りはLa Jolla Coveという一帯で、地元の人と思われる家族が犬のお散歩したり、のんびりくつろいでいるのが印象的でした。
ワイン片手にチーズ食べたり、お食事したり・・・。
地元の人たちにすれば何でもないことでも、その光景がすごくうらやましいしサマになっているのです♪

080924_17.jpg


080924_18.jpg


岩場が多いためか、アシカやアザラシの野生動物にも遭遇できます。

080924_19.jpg


夕刻時、サンセットを望む。
ロマンチックだったけれど、海風で寒かった(・_・)

080924_16.jpg


そして、ディナーはGrande Colonial Hotel内のメインダイニング Nine Tenへ。
ちょっと肌寒かったけれど、テラス席に案内してもらうことに。

080924_20.jpg


有機野菜のみを使用し、肉・魚介類に関してもオーガニックで新鮮なものを使用する徹底振り。
きっと量も多いだろうと控えめにオーダーしたものの、その量は大したことなくまだまだ全然食べられました。
それはオーダーしたもの全部がおいしかったから♪

日替わりのスープはすっごいおいしかった♪
この日は、じゃがいもののポタージュ。
素材本来の味がぎゅっと凝縮されておりました。

080924_22.jpg


新鮮なお刺身の盛り合わせ。肉厚のマグロ、ウニに舌鼓>^_^<

080924_23.jpg


見た目、あまりきれいじゃありませんよね。
何だと思いますか?
周りの黒いのは、イカスミのリゾットなんです。
メインのイカにちょこんとリゾットが添えてあると思っていたのですが、まさかイカスミのリゾットが来るとは!
それが、、、これとってもおいしかったのです\(^O^)/(お歯黒になっちゃいましたが)
こんなおいしいディナーにワインも飲めない夫を気の毒に思っちゃったけど、ドライバーだからね.....。

080924_24.jpg


ディナーの後、ここLa Jollaにもハードロックカフェがあるというので、今夜も夫の楽しみに付き合うことに♪
しかし、中心地を回っても回ってもいっこうに見当たらない。
事前に調べた場所付近を行ったり来たり。
どうしも見つからないので、クルマを駐車して歩いて探すことに。
途中、ショップの人に道を尋ねてその場所に行ってみると、何とお店がなくなっていました(>_<)
確かに、暗い店内を覗いてみると、ハードロックカフェのポスター後が残っていました。
あ~なんて残念なんだろう。
直前(8月下旬頃)に下調べしていた頃は、オープンしていたのに......。
(※後日帰国してからHPを見てみたら、La Jollaの店舗は消えてました)

夜のフリーウェイは慣れないだけに、隣に乗っているわたしも怖かった。
みんな容赦なくスピードだしているんだもん。
約1時間の道のりで到着した時、昼間と違ったホテルがライトアップされ、うっとりしてしまいました。

080924_21.jpg


サンディエゴの夜も今夜でお別れ。
明日はまたロスへと向かいます。


day6へ >>>
ロス&サンディエゴ旅行記(day5_1)
2008年09月24日 (水) 00:00 | 編集
ホテルをチェックアウトしたのは午前6時過ぎ。
本日はCarlton Oaks Golf Courseでのゴルフです。
ホテル近くのスタバでモーニングコーヒーをto goし、朝食は今日も車内でりんご&ポテチ。
ホテルのあるシェルターアイランドから車で約30分、サンディエゴの東の郊外に位置するゴルフ場です。
スタート時間よりも30分以上も前に到着。
先日のロスのゴルフ場に比べて、ローカルな雰囲気が漂うゴルフ場のようで、それはプロショップを見れば一目瞭然(笑)

080924_1.jpg


しかも、他のプレイヤーも少なく気兼ねせずにラウンドできそう。
前の組が遅いのは気にならないけれど、後ろの組に待たれることが、後々のスコアにすごく響きます。毎回(T.T)

今日は2サムで気楽にスタート。暑くも寒くもなく気象条件もバッチリだから、やる気モードも上昇します(^_^)b

080924_2.jpg


先日のロスのブラックゴールドゴルフクラブに比べたら、こっちのラウンドの方が全然ラクでした。
バンカーや池はあっても、グリーンが割に平らだったからです。
前回、苦しめられたラフとの戦いもありませんでした。

自分たちのペースでラウンドできることが、こんなに楽しいなんて(^^)
カートがフェアウェイ乗り入れokなのも、海外ならでは。
そして今日もドライバーがわたしにしてはよく飛んでくれました。
(前回もそうだったけれど、自分のドライバーよりもよく飛ぶなんて、どういうこと??)

って書いていると、いいスコアが出たと思うけれど、後で計算してみたら
そんなでもなくてプチショックでした(笑)

楽しみにしているのは、ネームプレートです。
今まで行ったゴルフ場のほとんどがサービスしてくれました。
もちろん今日も♪
キャディーバッグに付けてると、なんかカッコイイでしょ(ってそんなこと思うのはわたしだけだよね。きっと)?!

080924_3.jpg


ゴルフ場内のレストランで食事しようかと思うぐらいお腹空いていたけど、気分はハワイで食べるローカル弁当みたいなもの(そんなのここで求めても...)だったから、ローカル弁当を求めてゴルフ場を後にしました。

運良くモールのGrossmont center があり、おまけにWAL★MARTも併設しているとこにも魅力を感じ、ここのフードコートに行くことに。

早速フードコートに行ってみたら、メキシカンとか、カレーとか、チャイニーズとか、どれもこれも食べたいものばっかりで迷っちゃう。
その中から選んだのはMaui Express!!そう、食べたかったハワイのローカルフードのお店です。

080924_5.jpg


「これだ!」と思いオーダーしたのは、マヒマヒのフライとBBQのスモールサイズ。揚げたてサクサク美味しくて満足~。きれいに完食。
付け合わせのマカロニサラダもハワイで食べるあの味でうれしかった。

080924_4.jpg


そして、SPORTS AUTHORITYで夫の欲しいスニーカーを物色してみたもののいいものに出会えず、WAL★MARTへ。
ハワイの店舗よりも狭い?と思っていたら、何と2F建てでした。
2Fはキッチン洋品が重点的にラインアップ。
楽しいですよね~。WAL★MART大好き。会社の義理土産もいつもここで済ませてます。

080924_6.jpg


さあ、今回いちばん楽しみで期待しているHOTEL DEL CORONADOへと向かいました。
ここからは約1時間の道のりです。

day5_2へ >>>



Powered by . / Template by sukechan.