aloalo style @BLOG
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気になるC&S
2007年04月25日 (水) 18:04 | 編集
コレクションボードの中には、ウエッジウッドのワイルドストロベリーがずらり。これは独身の頃からずっと憧れていたカップ&ソーサーです。結婚が決まってから、給料日ごとに1客ずつ増やし6客揃えました。その他、ティーポット、シュガーポット、ケーキ皿もお揃いで、これは結婚祝いにリクエストしていただいたもの。
この頃は、ヨーロッパの食器(マイセン、ジノリ、ロイヤルコペンハーゲンなど)がとても好きで、デパート行っては眺めたり、さわってみたり、あとこれらのカップ&ソーサーでサービスしてくれる喫茶店に行ってみたり。。。
070425_2.jpg

でも、好みって変わるものですねー。その後、やたらと白い食器が気になり始めて、ジノリのベッキオホワイト、アピルコ、栗原はるみさんのカップ&ソーサー、あと何てことのない業務用の食器とか。
白の食器は基本で今でも毎日のように飽きることなく使っているけれど、最近になって、また柄物を好むようになりました。
今は、アラビア社のパラティッシに夢中です。フルーツと花をモチーフにしてビビットな色使いが何とも言えず。
そしたら偶然にも先日の友人宅のホームパーティーで、このカップが出てきました。実物見たら欲しさも倍増だけど、もうちょっとガマンかな。
070425_1.jpg
スポンサーサイト
週末いろいろ
2007年04月23日 (月) 18:10 | 編集
金曜日の深夜、自宅から横浜(夫の実家)までドライブ。その日、夫が飲み会だったため、仕方なくわたしが運転。首都高運転なんて最初から考えず(怖いから)、ずーーっと下道で。知っている道ならともかく、深夜の都会の道はクルマがびゅんびゅんで怖かった~。制限速度を忠実に守るわたしのクルマにイライラしてか、どんどん抜かされる有様。しかし、わたし運転技術落ちたなぁ。。。アー怖かった。

土曜日は本番前の最後のゴルフ練習へ。7番、9番、ユーティリティーを中心とした練習をたっぷり1時間。だけど番手によって距離があまり変わらないのが目下の悩みのタネ。
見た目、無駄な力も入っているようでなかなかスコーンと飛んでくれません。

日曜日は、ホームパーティーに友人宅へ招待され、いつものメンバーで楽しいひととき。お昼から夜まで食べっぱなしでワイワイと話に花が咲きました。今度我が家でパーティーする時は、新しい家になってからかな。その時が待ち遠しいです。

070422.jpg

マーブルシンク
2007年04月18日 (水) 15:01 | 編集
家の改造を決めてから、まず最初に行ったのがショールームでした。
キッチンのショールームはほとんど見て回って、その中でもパッと目を引いたのがYAMAHAのマーブルシンク
070418.jpg
こんなかわいいシンク初めてです

シンクのカラーバリエーションも豊富で全7色。もし全体が白いキッチンなら、シンクに色物持って来てアクセントにしてもかわいいし、キッチン全体に色を使うのなら、シンク&カウンターとも白にしてもよさそう。半円タイプのシンクでかわいさも倍増

ステンレスのシンクがキライな訳ではないのだけど、ちょっと飽きちゃった感があります(実家もそうでした)。だけど、住宅雑誌なんかを見ていると、カウンターも全てオールステンレスでカッコイイなぁーと思ったり。ステンレスは男性からも支持されそうですよね。多分見た印象がスタイリッシュだからじゃないのかな。でもうちのダンナさんはふだん全くお料理しない人なので、人造大理石だろうとステンレスだろうと何も文句は言わないと思うけど(言わせない×( ̄^  ̄ ))。

キッチンは女性のお城ですから、いちばん悩む所でもあり楽しい所でもあります。
建築家面談
2007年04月16日 (月) 19:42 | 編集
週末は3人の候補の建築家との面談でした。
ここまでたどり着くのに結構な時間を費やしました。
毎回担当の人との打ち合わせでは、現在の住まい(生活)の見直し、新居への希望、建築家候補の選出など綿密にかつ充実していました。

建築家の選出は300人ぐらいの登録建築家の中からスタートします。その中から担当の人がわたしたちのライフスタイルシート(現在の生活スタイル&新居への希望)を元に、わたしたちに合った建築家をまず30人選出。そしてわたしたちが30人の建築家の過去の事例やプロフィールなどをじっくり見て、最終的には5人(うち補欠2名)を選びました。

今回3人の建築家の方たちとの面談は初めての顔合わせで、1人90分の所要時間で、お互いの相性を確かめるのが目的でした。

S氏・・・わたしたちの意見を取り入れ助言していってくれそうなタイプ。今まで手がけた住宅も数知れずで安心感がありました。住宅雑誌で取り上げられていたあるお宅に釘付けになり、是非お会いしたい!と思い実現しました。話してみるとその良さはさらに伝わり穏やかな落ち着きある方で安心してお任せできる印象を受けました。50歳代。

M氏・・・この方の作風は白を基調としどれをとってもカッコイイ!過去の事例のどれを見ても外観も内装も気に入ったものばかり。今風のシンプルモダンとでもいうのでしょうか。ずっと憧れていたおしゃれな家に住めそうで夢も広がります。話してみると気さくなタイプ。50歳代。

N氏・・・家のデザインよりも見た目にはわからない性能にこだわるタイプで、電磁波やアレルギーに対することなどすごく勉強されているような気がしました。限られた予算の中でコツコツと積み上げて一緒に家造りを歩んでいってくれそうなタイプ。40歳代。

面談を終えてまた一歩前進したような感じです。最終的にはわたしたちのライフスタイルシートに基づいて家のプラン提案をコンペ形式で行うことにしました。お人柄は今回の面談で多少わかったので、1ヶ月後のプラン提案に期待したいです。
070416.jpg
ぎっしり書いたライフスタイルシート

目指すは健康的室内空間!
2007年04月14日 (土) 22:00 | 編集
わたしたちがこれからのリフォームにあたっての優先順位は、、、
性能室内の換気性能の改善
素材選び自然素材を多用する。有害な化学物質の発生を抑える。
メンテナンス性室内の湿度や空気を正常化し、必要な時に適切な修繕が行える。
機能性キッチンなどの生活動線が使いやすい。
デザイン性自然や地域と調和した素材を使い価値が増すデザイン(あまり奇抜なデザインは避けたい)。
ホームシアターの設置(リビングも兼ねる)。
安全性上位を実現することで安全性を確保。
予算高くなく、安すぎず、適切な価格で。
耐久性上位をバランスよく実現したい。
スケジュールより良い家のためなら、完成時期は特にこだわらない。

これらのことが全部叶えられるのは理想(1億円の予算があったらなぁ~)だけど、狭小住宅だから可能かな?(なんて)でも、少しでも現実に近づけるようにしたい!
わたしたちの場合、夫は家の性能部分を特に重要視して、わたしはどちらかといえばデザイン性やインテリアの方にこだわりたいタイプ。
この計画がスタートした頃から何となくお互いの役割担当が決まっていたという感じで、今の所そんなにぶつかってはいませんが、、、
ただこれから進めていく上ではぶつかることも覚悟の上です。。。
070414_2.jpg
最近読む本は住宅関連雑誌ばかり。。。

家の改造スタート!
2007年04月13日 (金) 23:02 | 編集
来年の今頃を完成を目処に自宅をスケルトンリフォームする予定です。
現在の住まいは築16年で鉄骨造の3F建(1Fはガレージ)。
元々夫が一人暮らしの時から住んでいた家で、結婚後9年ずっとここで暮らしていました。
途中ペンキの塗り直しや給湯器やエアコンの取り替えぐらいで内装はいっさいさわらぬままでした。
しかし、元々一人暮らし用の間取りだったので動線も悪いし何とかならないものかな~ってずっと思ってました。

一時はここを手放して土地から探すことも考えたけれど、よくよく考えてみれば、今の環境は都心に近い割には車の通りが頻繁でないため静かだし、近隣との人間関係も良好、駅から徒歩5分ぐらいなのでアクセスもいいし、その他病院も近い、、、など、ここ放してまで家を持つべきか?と考えるようになりました。
いろいろ考えた末、ここを内装全面リフォーム(暮らしにくいリビングを中心に改造)することにしました。

当初は新築も候補のひとつだったけれど、築16年の鉄骨造を壊すにはあまりにも早すぎるし、鉄骨の解体費用は木造の倍?ぐらいかかるようだったので、骨組みはそのまま残したスケルトンリフォームいうことに落ち着きました。

注文建築の選択肢には1.リフォームメーカー 2. 建築事務所(建築家) 3. 工務店に直接の3つ。
それで、わたしたちが選んだのは2. 建築事務所(建築家)。
狭小住宅という立地条件を柔軟に対応してくれる気がしたし、デザイナーズ住宅というのにもちょっと憧れもあり、間取りプランもいろいろ提案してくれそうな気がしたから。
昨年秋頃から少しずつ家改造づくりをスタートしていましたが、ここに来てまた先へ一歩踏み出せたような気がして今後がとても楽しみです。

070414.jpg
今はいろんなカタログ眺めてます

Powered by . / Template by sukechan.