aloalo style @BLOG
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステンドグラスキルトに圧巻!
2007年05月29日 (火) 22:04 | 編集
銀座松坂屋で開催中のキルト展に行ってきました。キャシーさんのハワイアンキルトのモチーフは本当に好きで、わたしが作るキルトはほとんどがキャシーさんのパターンやキットからです。
でも、ステンドグラスキルトも本当にきれいなんですよね。バッグもポーチもサンプラーも。

今、新居の玄関ホールに飾ろうと思っているサンプラーズキルト(ハワイアンキルト)を作っているけれど、ここにステンドグラスキルトを飾ってもパッと目を引くかも知れないな。
あ~、キャシーさんマジックにかかってしまうと、あれこれ作りたくなっちゃう。
キャシー中島の楽しいねサンプラーズキルト キャシー中島の楽しいねサンプラーズキルト
キャシー中島 (2007/05)
キッズネット

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト
家のことetc...
2007年05月27日 (日) 23:21 | 編集
土曜日の午前中は契約内容確認の打ち合わせを、S氏とプロデュース会社の担当者と共に行いました。1時間あまりの打ち合わせの中でも、「S氏を選んでよかった」と思う場面がいくつかあり、わたしたちの選出には間違いない!と確信が持てました。来週、正式に契約する予定ですが、その後は基本設計(約2ヶ月)~実施設計(約3ヶ月)~工務店選定(約2ヶ月)などのスケジュールが組まれ、工事着工は来年早々となる予定。まだまだ道のりは遥か長そうだけど、この間決めることもたくさんで忙しくなりそうです。早速、今週の土曜日、S氏が今の住まいに来訪するそうです。というのも、持っている家具の確認をしてから設計に入りたいとのこと。ありのままの生活感を見せることは大切だとは思うけれど、少しは掃除してスッキリさせないと。。。

午後からは、プロデュース会社主催のオープンハウスに参加。女性建築家による設計住宅で翌日お引っ越しを控えてたご夫婦2人暮らしのための都心住宅です。建築家さんからの各部屋の説明もあり内容濃い見学でした。その後、参加者同士の交流会もあり、わたしたちと同様にコンペを控えているご夫婦とも話が盛り上がり楽しいひとときを過ごしました。
モーツァルトに魅了する♪
2007年05月24日 (木) 22:46 | 編集
久しぶりの藝大のモーニングコンサートは、モーツァルトのピアノ協奏曲21番でした。まるで鍵盤の上で鉛筆がころころ転がっているような、繊細で透明感があるピアノタッチで素晴らしい2楽章はぐっと大人の雰囲気。映画『短くも美しく燃え』の主題曲にも使われた楽章でゆったりしたフレーズが色っぽさえ感じました。拍手喝采で、後ろのご婦人が「21歳の演奏とは思えない」なんて話してました。わたしも思う。あの堂々とした演奏はすごいです。

ピアノ協奏曲は好きで、一番よく聴くのは『ラフマニノフ』。2番も3番もずっとずっと愛していきたい曲です。
建築家決定!
2007年05月20日 (日) 20:05 | 編集
先週のプラン提案以来、毎日毎日朝から晩まで模型と平面図を眺めています。正式にお返事しなくてはいけない期限はプラン提案から2週間後。だから、まだまだたっぷり時間はあるのですが、ご依頼する建築家は、S氏にお願いする事にしました。その決め手は、まず、私たちが作成したライフスタイルシートの内容から作成した多項目評価シートを用いて、4人(わたしと旦那さんと、旦那さんの両親)で評価を行い、その総合計で選ばれました。とはいっても、私としては、そんな評価シートに記入するまでもなく、ダントツでS氏だったのです。
なんといっても、人柄がよく(第一印象から良かった)、模型や平面図の作成も丁寧(まだ候補の段階でもきちんとした仕事ぶり)、プレゼンの進め方もとても分かりやすく(質問にも丁寧に答えてくれた)、これといって指摘する点もなく安心感があったということでした。それに、事前に私たち2人で作成した間取り(これは、誰にも見せていませんでした)に最も近くて、私たちの書いたライフスタイルシートを隅々まで読み解いて頂いて要望をかなえてくれたことが伺えたからです。その上で、S氏独自のアイデアが随所にみられ新しい生活での想定シーンの説明があり、私たちの想像を遥かに超えた提案に感動さえおぼえたからでした。
しかも、これから1年間お付き合いしていかねばならないので相性もとても大切なことだと感じたことです。

これから先はS氏の建築設計事務所で、今回のプランに基づいて基本設計と実施設計の打ち合わせの日々が続きます。このプラン提案書だけでもかなり満足しているけれど、より住みやすく心地いい空間が設計により実現化されていくのは夢のよう。この設計段階が家づくりの中でもいちばん楽しい時かな~と思っています。
070520.jpg

プレゼン終わる!
2007年05月15日 (火) 01:26 | 編集
日曜日(5月13日)は3人の建築家の方たちのプラン提案でした(前回記事参照)。およそ1ヶ月の間、わたしたちの新居に対してどんなプランを立ててくれるのかとても待ち遠しい期間でした。
このプラン提案には第三者の意見も聞きたくて、夫の両親にも参加してもらう事にしました。

プレゼンは一人30分ぐらいの所要時間で、模型を公開し、平面図を見ながら間取りや、外壁、内装に至るまで説明をしてくれます。その他、各建築家さんの特にアピールしたい所の説明もお願いしてあり、最後に質疑応答の時間もあります。
また、1人の建築家さんのプラン提案の間、他のお二人もその場にいるという形式なのでそれぞれが刺激になったともいうのでしょうか。
くじを引き順番を決めスタートしました。

S氏・・・面談の時にお会いした時のそのままの印象で親切で紳士的な方。模型を見た瞬間にすごく感動しました。玄関アプローチから部屋の内装に至るまで、わたしたちの要望をほとんど取り入れてくれ、かつ、素人では思いつかない工夫で満たしてくれているプランでした。こんな狭小地でよくあれほどまでに考えてくれたなあ、、、と思い、模型もきれいで見やすく、平面図も素人にもわかりやすく説明書きしてくれていました。

N氏・・・3人の中でいちばんコスト的にもやさしいプランでした。建物も至ってシンプルで特別な飾りもないのでスッキリ暮らせそうな感じ。家事動線(特に洗濯)を特にアピール。家の前のシンボルツリーが印象的でした。

M氏・・・思った通り、他の2人の方たちとはガラッと違うプラン。スキップフロアを用いているのがいちばんのアピールです。各階の部屋と部屋のつながりや、最上階にある屋上までのつながりもスムーズで、かつ、広々していて気持よさそう。収納や床下収納もあり充実してました。面談の時よりも熱心な感じが伝わって来て楽しいプレゼンでした。光の入り方や風の通り方も工夫されており安心。


約3時間の充実かつ楽しいプレゼンでした。この中から1人選ぶのってむずかしい。三者三様がおもしろい所でもあるのだけど、、、。2週間の間、模型と平面図見てしっかり悩む事にします



ハワイのようにはいかない。。。
2007年05月12日 (土) 16:04 | 編集
ハワイでドライビングレンジに行った時、当たりがよくって飛距離も出た確率も割に多かったから、きょうも練習に行くことにしました。
力入れずにかる~く当った時のことを、それ以来ずっとイメージトレーニングしてました。
いつも行く練習場だから、チョットかっこよく決めたかったのに、チョロやダフリやそんな時の確率の方が多くて、、、。あぁ、何とも情けないです
じゃ、あのハワイでは一体何だったんだろう?と逆に不思議に思えてきます。
好きこそ物の上手慣れっていいますよねー。わたしの場合は通用しないみたいデス。

ハワイ旅行記upしてま~す

070512.jpg
エワビーチ、ロイヤルクニア、コオリナのタグをじゃらじゃら付けてます

Powered by . / Template by sukechan.