aloalo style @BLOG
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロス&サンディエゴ旅行記upしてます
2008年09月30日 (火) 00:00 | 編集
旅行記を少しずつ書き始めています。
1日目から少しずつ執筆中です。
カテゴリーのロス&サンディエゴ旅行記(2008)から見て下さいね。

080930.jpg

スポンサーサイト
ロス&サンディエゴ旅行記(day8)
2008年09月28日 (日) 00:00 | 編集
5時前に起床。
名残惜しい気持ちのまま、チェックアウトを済ませ、
最初に向かった先はRANDY'S DONUTS
こんな朝早いのにドライブスルーには、次々とクルマが入ってきます。
プレーンな味とチョコレート味などを買いました。
受け取った時はアツアツでした(ハワイのマラサダを思い出す~♪)。

レンタカーの返却へと急いだのですが、まっすぐ向かえばすぐの場所だったのに、
道を一本間違えてなかなか返却場所が見つかりません。
搭乗時間を気にしながら少し焦りましたが、
何とかたどり着きレンタカー返却も無事に済ませ、シャトルバスへ滑り込みました。

LAXに到着し、搭乗手続きを済ませ搭乗時間1時間前を切っていて、私たちが
最後の搭乗客となったのでした。
こういう時ってかなり焦りますf(^ー^;
ちょっと落ち着いたところで、さっきのドーナツ。
正直、ハワイのマラサダほどの感動はなく「こんなもんかなぁ」って感じ。

080927_1.jpg


シアトル近くなってくると、機内からはマウントレーニヤが。

080927_2.jpg


シアトルに無事到着したものの、シアトルタコマ空港は大きな空港で、
メインロビーを中心に二つの地下鉄がループで走っているので、乗り換えの時には結構な時間を要します。
このことを計算していなかったので、またここで焦ることに。
また、スーツケースをここで受け取るか、成田まで運んでくれるのか、
LAXで聞いていなかったので、これも焦る要因でした。
地下鉄を降りて、搭乗ゲートに到着したときは、結果時間的にも余裕があったのですが、冷や冷やものでした^_^;

機内は満席というほどではなく、お隣の座席も空いていたので気が楽です。
10時間ちょっとのフライトもそんな揺れもなく、行きと同様映画や音楽、ゲームで
退屈することもありませんでした。
2度の機内食以上に、うれしかったのが↓のアイスクリーム。
目覚めのジャストタイミングのサービスだったので、余計おいしかったのです。

080927_3.jpg


定刻通り無事に成田に着陸し、こんな瞬間もなぜかホッとします。
長かったようであっという間だった今年のロス&サンディエゴ。
一番欲しかった靴は買えなかったけれど、写真もたくさん撮れたし、
思い出はずっと脳裏に残っているかと思います。

そして、また来年の旅行を楽しみに・・・♪


Last Day
2008年09月27日 (土) 16:11 | 編集
朝からダウンタウンの有名建築家が設計した建築物の見学に行ってきました。
ブラッドベリービルディングやウォルトディズニーコンサートホールなど。その他、オプションとしてロサンゼルスの図書館が意外にも(?)楽しかったです。
ランチの後は、インテリア&セレクトショップをぶらぶらして、、、。
そして最後の晩餐はイタリアン♪(アメリカのイタリアンって一昔前に比べたら全然おいしくて、びっくり\(◎o◎)/!)
明日の早朝便で帰国します。
詳しい旅行記は少しずつupする予定ですので楽しみにしていて下さいね。
080927.jpg
ロス&サンディエゴ旅行記(day7_2)
2008年09月27日 (土) 00:00 | 編集
今回アメリカのインテリアショップ巡りも是非してみたいと思っていました。
将来の新しい家の為の何か参考になればいいし、もしいいのあれば買っちゃうぐらいの勢いでした。

行ってみたのは、H.D.BUTTERCUPとその並びのショップです。
ここは、Venice Blvd.沿いのNational Blvd.からHelms Ave.までの一角に集中していて、様々なスタイルのお店が10軒近く並んでいるでしょうか。

駐車場からいちばん近いH.D.BUTTERCUPから入ってみることに。
広い倉庫のような空間の中にはソファ、ベッド、ダイニングテーブル、電飾等々、ぎっしり置かれています。
また、入ってすぐの場所には、ちょっとした雑貨(ハンドソープ、フレグランス等)があったので、ここでしか買えないお土産には最適です。

080926_16.jpg


この辺りは、その昔HELMSというパン工場で、現在はその跡地を利用して↓のように道路沿いにずら~っと10件ぐらいのインテリアショップが並んでいます。

080926_29.jpg


店内の写真をちょこっとだけ↓(^_^;
インテリアショップといっても、そのほとんどは家具が中心で、アメリカンカントリー、モダンテイストなどソファもベッドもアメリカンサイズでとても大きい。
意外にも、アジアン系の家具も数多くありました。
あと、ジャンクものもあったので、お得なお買い物ができるかも知れません。

080926_30.jpg


暑くて歩き疲れたので、アイスクリームでも、、と思い向かった先は、Ice Panのウェストハリウッド店。
ここが画期的なのは、冷凍鉄板スタイルのアイスクリームで、オーダーしてからアイスの素となる液体を鉄板の上に流し込み、みるみるうちに固めていくところ。
最初にフレーバー(チョコレート、バニラ、ストロベリー、バナナ、コーヒー、マンゴ、ヨーグルト、抹茶)を選び、
次に、ミルクの種類(低脂肪とか豆乳か)を選んで、
最後にトッピングの有無を決めます。
サイズは、レギュラーとラージの2種類。

わたしは一番シンプルな、バニラ+低脂肪+ストロベリー+レギュラーを選び、その作り方を一部始終見てました。

液体で冷凍鉄板に流し込まれたバニラフレーバーは、みるみるうちに凍っていき、へらでこねて混ぜるを繰り返し、

080926_17.jpg


080926_18.jpg


はい、できあがり。
所要時間2分ぐらい。
でもこんな新鮮なアイスクリームって今まで食べたことないです。
冷凍鉄板で作ったので、溶けにくかったのもマル。
おいしくて画期的なアイスが食べられたことに満足\(^O^)/
でも、ふと疑問に思ったことは、ひとつ作るのに時間がかかるから、行列したらすごい待ち時間になっちゃう?!

080926_19.jpg


食べ終わった頃、「カーミット(カエル)の銅像を見に行こう」と言うので、行ってみました。ここから、歩いて10分ほど。
夫はカーミット好きで、ハワイに行ったときも、いろんなグッズを買い集めていたのです。

わたしは、カーミットの博物館かと思っていたのですが、そうではなく、かつてチャップリンのレコーディングスタジオがある場所とのことでした。
カーミットがチャップリンを真似た帽子を持っているところ、何かお茶目な銅像でした。

080926_20.jpg


大型量販店Targetへ。
店内は日用品がズラリ!会社のお土産がちょっと足りないなぁと思っていたので、
ここでハロウィン仕様のキットカットを買い足しました。
アメリカ人の生活が垣間見られる楽しいショップでワクワク。
WAL★MARTと比較すればこちらの方が規模は小さいかな。

080926_21.jpg


ここはハリウッド、遠くを見ると、ハリウッドサインが。。。

080926_22.jpg


今回せっかくロスに行くのなら、、、と、セレクトショップで洋服を買いたいな~って思っていました。
そしてそこに行く途中、チャイニーズシアター経由としました。
初めてロスに訪れたのはツアーで、その時市内観光で立ち寄ったことを思い出し・・・。
マリリンモンローの足型に自分の足を合わせていたっけ?!(あとは記憶が定かではありません)

そしていよいよ、Robertson Blvd.(ロバートソン・ブルバード)へ。
ここは今一番LAセレブの出没率が非常に高いセレクトショップ密集地帯です。
数々の雑誌で紹介され、特に行きたかったお店は、Kitsonlisa klineの二つ。
案の定、この辺りのパーキングは若干高め。

真っ先に飛び込んだのはKitsonから。
今いちばんロスでもHOTで最先端なショップなので、このショップがいちばん混み合っていました。
カジュアルな洋服を中心に、靴、バッグ、コスメ、雑貨などがいっぱいです。
ただ、決して安くてお得なお買い物はここでは期待できません(バーゲンもやらないみたいです)。
例えばTシャツも最低でも$80~、靴は平均$300ぐらいです。
Tシャツに$80なんて!!まあ、普段Tシャツを着ることはあまりないので諦めもつくのでよかったのですが。
いちばん欲しかったのがデニムでした。Kitsonのロゴがさりげなくはいっていて、いいなあ~と思ったけれど、サイズがどれも大きい(泣)お直しまでして着用するのはデザインも変わるであろうし潔く諦めました(>_<)ゞ。
わたしみたいに、「今日1日だけ」でお買い物しようとしている人はいい出会いもないかも知れないけれど、こういうお店は日々変化ですから、マメにチェックできる人はいいな~って思ったのでした。
しかし、店内にいるお客さん、かわいい人たちばかりでしたよ(中にはモデル級の人も!)。

080926_23.jpg


並びのlisa klineに行ってみました。
ここはKitsonに比べて、落ち着いた洋服が多く、色合いもモノトーンな感じが多かったです。
そして有名デザイナーの洋服を扱っているらしく、お値段もやはり高め。
「これ買っちゃえ~」というノリでは買えるようなものはほとんどありませんでした。

080926_24.jpg


わたしの洋服ばかりお付き合いさせているのも、悪いから真向かいにある、lisa klineのメンズ館(っていうの?)にも行ってみることに。
ここも同じく、モノトーンな感じ。
似合いそうな洋服いろいろ探してあげたのに、普段会社に行くときのスーツ以外は、こんなオシャレ系の洋服とは無縁の夫、何も買わずに退散。

080926_25.jpg


その他、並びにあるMadisonにも行きました。ここは流行に敏感な若い女性だけでなく、お洒落なマダムたちがショッピングしていました。

Kitson kidsもちらっと覗いてみました。アメリカらしいポップな色や素材も柔らかなものが多くて店内にぎっしり。かわいかったですよ。

いろいろ見て回ったけれど、収穫ゼロでちょっと残念(/_;)

アメリカ最後の晩餐に選んだ先はOsteria Latiniのイタリアンです。
最後の夜にふさわしくちょっとリッチに・・・♪
以前、アメリカでパスタ食べたとき、のびきったパスタで、とても美味しいとはほど遠い散々な思い出もあったので、ここは慎重に選んだお店でした。

おしゃれなイタリアンとだけあって、駐車場ももちろんバレーパーキング。
到着したのは、20時過ぎで、既に満席。
10分ぐらい待って着席できました。それからもお客さんがどんどん入ってきます。
どうやら人気店のようです。
店内は、そんなに広くはないのですが、何だかあたたかみがあるレストラン。
シェフ自ら席に来てくれ声をかけてくれたのもうれしいです。

メニューを見てもびっくりするようなお値段でないところもうれしい。
サラダ、リゾット、パスタ、をそれぞれオーダーし、すべてシェア。
量も丁度よくて、すべておいしかったけど、特にリゾットの味が忘れられません。
★店内が暗かったので、お料理の写真はうまく撮れませんでした。

080926_26.jpg


ここからホテルまで約1時間。
フリーウェイは相変わらずビュンビュン飛ばしていて怖かった。
隣に乗っている私は緊張しっぱなし。

やっとこさホテルに到着し、明日の帰国の準備。
明日は朝早いです。
あっという間の1週間でした。


day8へ >>>

再びロスへ!
2008年09月26日 (金) 01:16 | 編集
サンディエゴを後に、またロスに戻ってきました(レンタカー返却とロスからの帰国便のため)。
約200キロの道のりのほとんどをフリーウェイで走って来たのですが、途中、ロングビーチの町並み経由でロス入りしました。今日のホテルは、昨日とは雲泥の差のチープ感ありありのホテルです(^_^;)
でも空港からほど近く、着陸寸前の飛行機もよく見えて雰囲気がいいのです(飛行機は乗るのはあまり好きじゃないけれど、眺めるのは大好き♪)。
明日はダウンタウンを中心に建築物にもちょっと触れてみたいな~と思っています。
写真はドーナツ屋さん。すごく大きなオブジェがいかにもアメリカンという感じなのです。

080925.jpg

ロス&サンディエゴ旅行記(day7_1)
2008年09月26日 (金) 00:00 | 編集
Days Innには軽い朝食も付いているのはうれしい。
フロントの脇でサービスされているので、部屋で簡単な朝食(昨晩のバゲットサンドの残りも)としました。

080926_1.jpg


ロス最後の1日は、午前中はダウンタウンを中心に建築ギャラリー散策、午後からはロバートソン・ブルーバード(ビバリーヒルズ東)で最後のお買い物の予定。

ダウンタウンは駐車料金が高い。少し離れた所ではあるけれど、終日$5(ダウンタウン中心はなんと1時間$16)の所に停め歩いて回ることにした。
それにしても今日は一段と日差しが強い。ゴルフのサングラス持ってくればよかったかなぁ.....(ノ_・。)

目的地はブラッドベリー・ビルディングウォルト・ディズニー・コンサート・ホール周辺です。

080926_2.jpg


途中、偶然にもロサンゼルス中央図書館を見つけ、建物が素敵だったのと興味本位で少し立ち寄ることに。

080926_3.jpg


階段だって凝ったデザインです。何て書いてあるのでしょう?
音符なら読めますが(・・;)

080926_4.jpg


館内は吹き抜けになっていて、そのデザインも凝っていました。
ライブラリショップもあり、ステーショナリーや、ここならではのオリジナルの凝った物も販売されていたり。

日本の図書館も検索用のパソコンがあるけど、ここロスもそれは同じでした。
何となく知っている検索ワードなんか入れちゃったりしてしばらく遊んじゃいました。
インターナショナルコーナーには、日本の本も置かれていたのにはびっくり!

080926_5.jpg


図書館を後に、あまりの高層ビルにいちいち驚き、写真を撮っての繰り返し。
これじゃ、なかなか目的地にも到着しませんo( ̄ー ̄;)ゞ

080926_6.jpg


そして、のんびり歩いて30分でウォルト・ディズニー・コンサート・ホールへ到着。
ここは、有名建築家(フランク・オーウェン・ゲーリー)が建築コンペで優勝し、竣工までに16年も年月を経て完成したホールとのことだった。
何枚かのステンレスが重なった外観は、シドニーのオペラハウスを彷彿させる気もして(私だけかな?)。
そして、近くで見ると、そのステンレスが反射して眩しくて余計暑さを感じました。

実は旅行前HPで、コンサートホールで開催される何か(できればクラシック)がないかなあとチェックしたけれど、興味をそそられるものがなかったのでした。残念(゚-゚;)

080926_7.jpg


道路には何台かのスクールバスが停車。
小学生たちが学校行事で見学に来たのかな。

080926_8.jpg


ブラッドベリー・ビルディングに到着(ふう~つかれたぁ)
外観はレンガ造りの、アメリカにしては小さいこぢんまりした普通のオフィスビルなのに、、、、。

080926_9.jpg


中にはいると細かいところから光が入り、アールヌーボー調の鉄の装飾とその木のコントラストが美しくてしばらくボ~ッとしてました。
また、内部の建築物はハリウッド映画『Blade Runner』の撮影にも使われきたという。
わたしは、まだその映画は観たことないから、帰ってから一度観てみなくちゃ。

080926_10.jpg


そして、ビル内にはなぜかチャップリンの銅像が、、、。
その詳細はなぜかわかりません.....(゚ペ)?

080926_11.jpg


ブラッドベリー・ビルディングを後にし、Broadwayストリートの怪しげな繁華街を通りながら駐車場へ戻りました。

ランチはLos Angeles Timesでロスのベストカフェに選ばれたことがあるというLEMON MOONという、オフィス内のカフェへ。
わざわざウエストロサンゼルスのはずれまで約1時間もかけてやってきました。

何とかランチ時間のオーダーストップギリギリ間に合いました。
ここのカフェもアメリカのオーガニックデリといった雰囲気で、ちょうど昨晩行ったJOAN'S ON THIRDとメニューも似た感じです。
どちらもすごく気に入ってしまったので、甲乙付けがたいですが。
わたしたちは、↓の写真で見える通り沿いのパティオ席で頂きました。
店内もカフェスペースがあるけれど、パティオ席(通り沿いと裏側)はほぼ満席。
気持ちよかったですよ~。

080926_15.jpg


ズラリと並ぶショーケースの中から選ぶのもJOAN'S ON THIRDと同じ方式でした。
和洋中何でもアリです。
ただそのほとんどが、オーガニック系なのでパンチが効いたものはあまりないかも。
2品+スープをオーダーし、シェアすることに。

080926_14.jpg


じゃ~ん!!1人分がこの量です。パンチがないといっても、1人じゃとても食べきれません。よかったシェアにしといて。
でも、おいしかったのです。特に大好きなえびが大きくてプリプリしてて~♪

080926_12.jpg


今回、ロスでもサンディエゴでも何度もスープ飲んだけど、どこも失敗はなかったです。
アメリカってスープがおいしい国だったのですね~。
それにどこのレストランも、付け合わせのパンもおいしくて♪
もちろんオーガニック系なので、素材にもこだわりがあるのだと思うけれど。

080926_13.jpg



day7_2へ >>>

Powered by . / Template by sukechan.