aloalo style @BLOG
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴルフパワーアップと癒しの旅 2
2007年09月26日 (水) 22:09 | 編集
2日目も快晴。朝食前にも露天風呂でひとっ風呂あびて、お肌もツルツルプチエステ気分です。
チェックアウトの後、行った先は大湧谷。強羅温泉からクルマで15分ぐらいのところです。わたしにとっては中学校の修学旅行以来2度目の再訪です。箱根火山の名残りがそのままで、今なおすごい勢いで噴煙を吹き上げている大涌谷の眺めは、見ているだけで温まりそう。ここでは是非とも延命長寿の黒タマゴを食べておきたい(ってそんな歳でもないですよー)。麓からゆっくり15分ぐらい登った先に玉子茶屋がありここで食べる玉子は1個食べると7年寿命が延び、2個食べると14年延びるという言い伝えがあります。6個500円(食塩付き)でダンナさんは2個、わたしは1個その場で食べる。お土産屋さんで飲んだ新鮮な牛乳も濃厚で美味でした。
070926_1.jpg

大枠谷を後にし、強羅方面に戻る途中、箱根登山ケーブルカーの上強羅駅近くにpaseoという小さなカフェでお茶しました。お花屋さんを併設していて坂の途中にあります。テラス席に座り、ここのオススメのブルーベリースムージーを飲んだら、すっごくおいしい!是非是非オススメいたします。
070926_2.jpg

そのまま、箱根湯本まで降りて行き、次の目的地の天山湯治郷へ。温泉旅館に泊まってきたばかりなのに、温泉三昧しちゃいます。お風呂の前に同じ敷地内にある手打ち蕎麦の『艸楽庵(そうらくあん)』へ。温泉でカロリー消費前の腹ごしらえです。普段のわたしだったらお蕎麦よりもうどん派なのですが、ここではやっぱりお蕎麦でしょう~。文句無しのシンプルなおいしさ!今朝は旅館でたっぷりの朝食だったのに、ぺろっといけちゃいました。
070926_3.jpg

天山湯治郷には温泉施設が『天山』と『一休』があり、わたしたちは休憩所も併設している天山の方を選びました。こちらは入浴料1,200円で一休より200円高いけど、まったりが目的なのでこちらにしました。館内は写真撮影禁止だったのですが、男性は内湯1、野天風呂5、女性は内湯1、野天風呂5があります。箱根の日帰り温泉の代表格といえるので休日は大混雑のよう。平日だったのですんなり入ることができました。窯風呂とか洞窟風呂にのんびりつかり、畳敷きの休憩所で、横になりついうとうと、本当にまったりできます。ここは是非また訪れたい温泉の一つになりました。
070926_4.jpg

箱根観音を経由して次に向かった先は、芦ノ湖へ。ここでは遊覧船と白鳥(アヒル?)をしばしぼーっと眺めておりました。
070926_5.jpg

その後は国道1号線(東海道)を通って、一路、沼津へ。本日の宿泊先は沼津グランドホテル。なんとこちらは2人で8,400円。しかも焼きたてのパンが食べ放題の朝食付きと超リーズナブルなホテル。翌日は早朝からゴルフ(ラウンド2)、宿泊は、なるべく安く済ませたかったのです。そして、せっかく沼津まで来ているからと、夕食は沼津港へ。漁港近くに数多くの魚河岸料理店が集まる一角があります。その中の1店、魚河岸 丸天へ。新鮮な海の幸が食べたいという期待を膨らませ、適当に入ったお店だったけれど、これが大正解でした。店内は活気があり、メニューもお寿司、揚げ物、煮物と何でもあり(何とまぐろのテールシチューまである!)でした。かに汁付きのお寿司も絶品でした。東京で食べたのなら軽く5,000円ぐらいはしちゃいそうなのに、ここは安い!フライ盛り合わせ(大きなエビフライ)など、ふたりでお腹一杯食べても3,000円ぐらいでした。大満足です!
070926_6.jpg

***つづく***
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.